ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚するのに適切なタイミングのお話


恋人の身に起こるかもしれない最悪の事態を想像してみてください。それを一番最初に知りたいと思った時や、仕事休んででも駆けつけたいと思ったときが、結婚して家族になるのに丁度いいタイミングだと、私は思います。




ジューンブライドだからか、最近、ぽんずはよく聞かれます。
『ぽんずってなんで結婚したん?』って。もう結婚してだいぶん経つのに。





ぽんずはその場その場の空気を読んで、誠実に適切な答えを答えます。



あるときには
遠距離恋愛にかかる交通費1年分の概算約120万円が勿体なかったからとか
あるときには恋人が『結婚して、ぽんずが作るお昼ごはんが3食アイスクリームだったとしても怒らないから』っていう言質をとったからとか、(アイスおいしいよねえ!!*´▽`*)
恋人と結婚したら猫が飼えると思ったからとか、(実際いま飼ってる)




その場その場で一番求められてる答えを返します。
一体いつからこんなにぽんずは空気の読める大人になっていたのでしょう!
ぽんずの空気の読める大人度に拍手を頂戴!(*´∀`)



他にも理由は色々あったけど、一番大きな理由は恋人がかわいくて仕方なくて心配だったからです。




今は家族になった恋人は、今でもカピバラさんやリラックマと同じもふもふ成分を遺憾なく発揮しており、大変可憐です。





恋人が変な人に『おやつあげるからついておいで』と声をかけられて連れていかれたらどうしようとか、
恋人が落ちてたおやつ(いわゆる典型的な罠)にひっかかって捕まえられたらどうしようとか、
恋人が蚊にさされて泣いてたらどうしようとか、
それはもう心配で心配で
※朝も起きれないほど心配でした。
※いわゆる二度寝最高!(*´▽`*)






まあ朝も起きれないほど心配させるかわいいかわいい恋人に、何か最悪の事態が起こったとき、私は一番に知りたいし駆けつけたいと思いました。



結婚して家族になったら、恋人の緊急連絡先はぽんずです。なにかあったとき、一番に連絡が来るんです。有り難いことにそんな最悪の事態は一度もないけど。





でも、ただ付き合ってるだけとか、同棲してるだけの関係なら、連絡は大抵の場合一番最初にはならないんです。
大抵の場合は家族に一番最初に連絡が行って、家族が落ち着いた後で気を利かせてくれて、かつ連絡先を交換してた場合のみ、彼女のところに連絡が来るんです。







あと、結婚して家族になってたら、『家族が危篤なので仕事休みます』って言ったら会社休めるけど、
付き合ってるだけの場合、『彼氏が危篤なので仕事休みます』って言い出しにくい会社がほとんどだと思います。
少なくともぽんずの職場ではきっと無理です。聞いたことないけど。






すっかり私事ですが、(てゆうかこのぽん'sルームというブログに私事ではないことは多分1つもない)ぽんずは今は空気の読める大人(笑)になって、広告関係の仕事をしていて、多くの印象的な広告について人よりは多く見てると思います。
その中の1つを紹介します。
『人は、最悪の事態を想像するのがなんて苦手なんだろう』
有料介護老人ホームの広告だったと思いますが、how cool!
ほんとにそうゆうことだとおもいます。





3.11が起こる前も後も、大切な人が1秒後も元気でいるなんて保証はどこにもありません。
人類始まって有史、ずっとそう。
それでも別に一番最初に連絡こなくても大丈夫!って思うひとは全然結婚する必要ないと思います。そして心配するならその瞬間が結婚のタイミングだと思います。





と、まあ、所詮ぽんずの戯言と思って流してね★ぽんずの言うことなんか本気にするだけ無駄★って、家族が言ってる!(`ε´)キィー

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

さよなら、尊敬できる上司と仲間達に囲まれて好きな仕事に取り組み、ぬくぬく育ててもらう日々。。
目の前に与えられた「やりたい仕事」に夢中になって、ブログの更新を忘れていた今日このごろ。




ブログの更新だけならまだしも、大切な人お誕生日を忘れていました。つきあい悪いと思われることも多々あったと思います。頂いたお手紙の返事を書くことも、ぽん‘sルームを訪れてくださったお客様にコメントを返すことも、わたしのことを本気で心配してくれている人たちの気持ちについてさえ、考えがいたらなかったこともあったかもしれません。もしそうなら、ごめんなさい。




「わたし仕事がんばってるし、それでいいじゃん」で済む年齢じゃない。





仕事がんばるの当たり前。それで、その仕事で付加価値をいかにつけられるか?
誰に喜んでもらえるのか?どこのだれにどんなメリットを提供できる仕事なのか?
自分のまわりにいる人たちにいつも感謝を示せている?人間的に成長できてる?
そういうの想像しながら、仕事を進めていかなきゃいかない25歳。
もう新人だからでは済まされない。





そんな折、家族の転勤に伴い、引っ越しします!
今の仕事を辞める気は1ミリもないので、同じ職種で勤務しながら就活にゃう。





今の仕事内容と人間関係大好き。
さよなら、尊敬できる上司と仲間達に囲まれて好きな仕事に取り組み、ぬくぬく育ててもらう日々。。
かつては、好きな仕事を選んだときから、人間関係がどうでも我慢して仕事しようと思っていました。だってわたしは好きな仕事をすることを選んだのだから。





でも、わたしのまち編集部も、唐唐辛子編集部にいたときもそうでした。
尊敬できる上司と仲間達に囲まれて好きな仕事に取り組み、必要なだけの厳しさと無限の愛情でもって、ぬくぬく育てていただきました。




だからもう泣きません。
どこにいても、あたしはきっと素敵な人たちに囲まれて、好きな仕事を貫きます。
これからも、ありがとうとよろしく!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

だめな25才のポエム

わたし今日、信号無視した。
仕事中だった。
荷物多かった。
急いでた。
言い訳だけは沢山抱えていた。




わたしが信号無視して走っていった後ろに、中学生たちがいた。
途端に決まり悪くなって後ろを振り向くと、中学生たちはちゃんと信号を守って歩いていった。





すごい後ろめたい思いをして前を歩き続けるわたしを、中学生たちはどんな気持ちで見ていたんだろう。。。
『わ、くだらない大人だ』とか、『あんな大人になりたくねーな』って思ってくれ、そんなことを願うわたしは本当に自分勝手でくだらない25歳。





中学生たち、頼むから『仕方ないよね』とか1ミリだって思わないでくれよ?わたし【仕方ない】なんて言葉、中学生にゆってほしくないんだ。例え世の中が仕方ないことに溢れていても、中学生たちはまだそんなことに慣れないでほしいなんて思っている、なんて自分勝手な女なの!!!




わたし、中学生のとき、こんな25歳を絶対尊敬しなかった。そんなことを思いつつ、25歳になりました。
お祝いのメール、テレパシー、伝書鳩を飛ばしてくれたあなたにありがとう。勝手に受信しておきました。




『あたし、四捨五入するとアラサーなのよっ』と胸をはると、10代の女子には冷笑され、
30代女子には睨まれる、そんな25歳。



こどもたちのお手本になれる25才、とはいかなくても、まずは、誰もみてなくても信号はちゃんと守る、そうゆう25才になることから始めます。
反省おわり。
【自作ポエム】せつない痛み


あなたのこと考えるだけで切なく疼くこの痛み。
片時だってあなたのこと考えずにはいられないのよ。
あなたのこと考えると夜も眠れないの。
あたしがこんな気持ちになっていること、あなたは知ってくれているかしら。伝えたいの…。




いたいよーっ!!。゚(゚´Д`゚)゚。
って、MUSHIBAさんに伝えてやりたい…(´・ω・`)
本日、歯医者のため遅刻です。笑
女性のみなさんに朗報です。



「お誕生日に、ケーキにろうそくを立てて、ふーっと火を消す」このことによって、人は加齢していくそうです。
つまり、上記の手続きをしないかぎり、誕生日であっても加齢されません。


というのを、編集部の先輩の息子さんのたけちゃん(2歳)から聞きました。



あたし「たけちゃん今日お誕生日だね★何歳になったのー??」
たけちゃん「…」
たけちゃん母「3歳になったんよねー」
たけちゃん「違うもん!!まだ(ケーキに)ふーっとしてないから、3歳じゃない!




新内閣はこの新加齢制度の普及と認知に努めるよう、法案化への手続きを進めています。


笑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。