ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Letter for you.
USBフラッシュメモリて本当すごい。。。
どれだけ容量あるの

現ぽんずメモリは大学入学時に母上に買っていただいたもの。
一回無くしかけた(笑)



昨夜、ワードでタスク等してるときに見つけました。
「日記」のフォルダのなかに。
タイトル「愛されてるということ」。


まだぽんずがブログ持ってなかったときに書き溜めてた、
日々の記憶。


誰に宛てるつもりだったのかといえば、
模擬こっかー? みきちゃん? 同志社フレンズ?
それともうどん?


よくわからないけど、ぽんず、当時の自分は
…痛いくらいの幼さで、
今、ぽんずは
あれから成長できてるのかな?

よくわかんない。


あんまり面白いこと書けてないですけど、


ぽんずは、それでも手紙を書くのがすき。
一方的に、暴力みたいなカタチで思いを伝えることが好き。


てがみ。
でも、この内容て電話だったような…。
きっと、書きかけてやめたんだね。

んー、特にこれといってスペクタクルな大事件があったわけじゃないけど、彼氏も居ないままだけど、最近「幸せを感じる力」が強くなったとおもう。




模擬国連・かくれんぼサークル、同志社の友達・教授、バイトの先輩とか、こうして突然してくれるうどんとか、あたしの所属するコミュニティの人たち全てからの愛情を受けてすくすく育ってる



友情・恋愛感情・師弟関係等に基づく愛情を全身、ほんとに指先まで感じてるかんじ。植物が太陽の光を体じゅうに浴びてるみたいな。寒い冬の夜にお風呂入ったときみたいに、ほんとに指先までぽかぽかするかんじ。
うーん、文章にするのはむつかしいね




素直になれた感じ。「かずやnn?が模擬国辞めたらさみしい」って皆のいるとこで口に出して言える位。もちろん彼氏じゃないけど。そゆの関係無しで素直に心から言えるくらい。


みかんちゃんがサークルの引継ぎ問題で悩んでて、冗談で「ばりばり仕事して、仕事片付いたら40才くらいで早死にしたい」って言ったとき、「あたしはみかんと100年後も友達してたいから、みおんが早死にするの嫌」とか真剣言えるくらい。



今さら思い出しながら文章にするのはちょっと恥ずかしぃけど、心からそう思ったんだ。




むかつくこととか、心きりきりすることも確かにあるけど。友達や仲間が居たら、なんかあたし、まだまだ頑張れる。って、思えるんだ。んー、そゆの考えてたら、今日もご機嫌で幸せ。



って聞いて、親友であるうどんから聞いててノロケに聞こえる??うどんに嫌なふうに響いてたらごめん+みかん達にこーゆーことやめようかな。文章がやたら能天気ぽいから









昔、誰かさんに言われたなぁ。
「ねえぽんずちゃん?簡単に仲良しの子(特に男の子)に簡単に大好きとか好きとか言ってたら、彼氏できないわよ?」
って。
でもね、男女とかそんなん関係無く、ぽんずは大好きな仲良しには「すき」って伝えておきたいんだ。


明日、いなくなっちゃうかもしれないから。
明日、仲良しな子に笑って会える確証は無い。
どこにもない。
明日会えなくなっちゃうくらいなら、彼氏なんか要らない。



「明日」友達に会えることって、凄く奇跡に近いことなんだよ。
違う家、街、県、たまに国に生まれて、別々に生きてきて、
尊すぎるほどの偶然みたいな奇跡で出合った。
一緒に遊んだ。
一緒に笑った。
一緒にばかやった。
一緒に凹んだ。
一緒に学んだ。

全部、選んだわけでなく、「出会い」自体は偶然なんだよ。


ねぇ、ぽんずと仲良くしてくれてるひと?
一番コミットしてるの、模擬こっかーの仲良しさんかなぁ。
みかんをはじめ、各大使。
明日居なくなっちゃうかもしれないんでしょ?
ぽんずのことなんか置いてけぼりにして。
かじみきじゃないほうの、みきちゃんみたいに。
だったら、毎日でもぽんずは伝えるよ?
大好きだよって。
切ないくらい、一方的に伝えてやるんだから。





「身体弱い」ってことしか知らなかったから、それまでみきちゃんが体育休んでたのだって、
ぽんず(超がつくほど健康優良児のくせして鈍足)にとっては
「え、ズル休みじゃないの?」って疑ったり、羨ましがったり、妬んだり。
両親が、あたしにショックを与えないように隠してた訃報を聞いたとき、全身なにかとりかえしのつかない感覚、空気がとまったの。
隠されてたことへのショックなんかじゃなかったの。
あのころのあたしは、今よりもっと子供で、幼くて、毎日今以上に失敗ばかりだったけど、
可能性とか夢だけはキラキラキラキラ、沢山あったの。
取り返しのつかないことなんて、あたしには、あの年齢では起こりえなかったの。

でも、彼女には「取り返しのつかないこと」が起こったの。


もうすぐ、あたしは19さいの、12月30日を迎えるよ。
きっと、今年もお墓にはお花が飾られて、一番綺麗にされるんだろうね。
彼女は10さいのまま、止まったまま、でも、それでもあたしは生きる。
言えなかった。
「嫌いだよ。あたしの幼なじみと仲良くしないで!」
「頭よくて可愛くてお金持ちで足速くて優しくて、本当は羨ましいんだ」
伝えたいよ…。

でも、もうどんなに泣いても叫んでも、伝わらないでしょう?
好きも嫌いも妬みも羨望も、絶対伝えられない。
Never.この単語、なんて静かで、冷たい響きなの…。




ねぇ、うどん??
メール返信しないあたしでごめんね。
携帯メールが面倒くさいという理由だけじゃないよ。
いつも考えてるよ。
うどんが幸せで居れますように。
うどんが、もうどうなるのかわからない、ぽんずにとっては嫌な男に恋をして、それでも幸せで居れます様に。
でも、今でもぽんずはあの男が嫌いだよ。賢い大学通ってるくせに、ばーかばーかっ!て思う。
(会ったことも無いくせに 笑)



祈り方なんか知らない。
(知らないくせに、今の大学の入試面接のときに宗教の祈りの本質について熱く語ったら、
不思議なことに入学出来てね、それで、うどんとは更に別々の道。)
「キリスト教倫理」だって「睡眠の倫理」に置き換えていたぽんずのことだから。
心なんか清くなくてもイイ。
「愛」の定義もわかんないままだよ。
聖ジュリーも、にーじま先生のこともよくわかんにゃい

それでも、最大限のあたしのエゴだよ。強くつよくツヨク願う。
精一杯、自分のために幸せであれ。










…少し、名前らへんいじりましたけど。
ちなみに、ワードでこれを書いたのは2005年11月15日だそうです。
模擬国の「引継ぎ問題」て!懐!
今ではみかんは立派な情報操作もとい情報処理。

かずやnn?は、今でもぽんずと遊んでくれるから、別にいいよ(笑)


一体、当時のぽんずちゃんに何が起こっていたのでしょう????


…多分、書いてること、そんなには気にしないでほしいな…。
この手紙に書いてるほどには、みきちゃんのこととか、そんな気にもしてない。
と、思う。
それでも投稿しちゃうのは、
なんだろ。当時のこの文章が、ちょっと、もうすぐ20才になるぽんずの胸にきゅんときたから。



このころより、成長できてるのかなぁ。
それは今でもよくわからないよ。
スポンサーサイト

テーマ:今日が始まり - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/95-c2efef8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。