ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”まわりゃんせ”② 閉じ込められた人類論
水族館に行きました☆


ぽんずは元来、
魚類。爬虫類・鳥類・哺乳類など動物がわりとスキな子なのですが、
(でも両生類凄い苦手…なかでも飛び跳ねるアイツは…もごもご


ぽんず、実は怪獣ではなく海獣、すっごくだいすきなのです
(ちなみに怪獣は「ふーん」程度)


大好きすぎて言葉にできない具体例を提示するとするとワニとかサメとかカメレオンとかワニとかワニとか大王イカとか…
すっごく凄く胸きゅん…っ






今回の水族館でときめいてしまったのはアフリカの魚たち。
口のなかで卵守るの。
セイウチ。
ひげが「ゆであがる前のパスタ」っぽいの。
ミナミゾウアザラシ。
毛がぬれてるの。


つまり、進化の過程で「なんでこうなちゃったの」的な進化を遂げた生物を堪らなく偏愛・溺愛してしまう、わたくし。



いや、可愛いのもスキですよ?
ペンギンに話しかけてしまう程度には。


賢いのもスキですよ?
アシカショーの輪投げイベントで、
「輪投げ投げたいひとー」って募集してて、ちゃんと手挙げたのに、
ショーのおねえさんたら、ぽんずと目も合わせずに子供ばっかり指名する、この不条理さに対して本気でアシカに愚痴る程度には。


でもでも、不思議なもの、不可解な姿かたちをしている生物って
ロマンを感じないかい?
(同意者、ぼしゅー中…)






ああ、(いつも)わけのわからんタイトルでごめんなさい。
むかし、ぽんずは水族館・動物園が嫌いだったことが有って。
「見せ物やん…」って、凄く悲観的かつ今以上に狭い考え方だったころです。


ぽんずは勝手に、「こんな狭い水槽に閉じ込められちゃって可哀想に」
っていう感情を抱いていたのです。





でも、最近になって
「可哀想」っていう感情は一概に
「自分がその感情の目的語に対して、実質的優位を保っている場合」
のみに成り立つことがわかったような気がするのですね。
相手が不幸な境遇に立っていても、
自分が同じ境遇に立っている場合「かわいそう」って感情成り立ちにくいですから。



確かに、水族館の魚や海獣たち
「彼らの体積に対する水槽体積」を数字的に考えた場合、狭いのです。
(なにを規準にするのかは定義づけがむつかしいけど、広くはないです。)
でも、そのかわり水槽の外側から見てるだけの人間以上に見えてるものってあると考えたら、彼らの世界が一気に広がります。
例えば、ミクロマクロなプランクトンの世界や、哲学的思考、水槽の隅の汚れとか、望郷の記憶や、宇宙理論。
餌を貰って芸をする、そのroutineに対する感情。
それが許容なのか受容なのか嫌悪なのか、
人類が扱うことのできる語彙というツールでは
表現することが出来ないのか…。



要するに、その海獣たちが神秘的であることによって、ぽんずの妄想+空想+想像はこんなにも物凄く自由な発想にトンでいってしまえるからこんなにも
奴らが愛しいのでしょうか。



少なくとも、自分が行けるとこすべてが「世界」だと思ってしまえば、人間も同じではないのかなぁ、と。
ぽんずも大きな地球で、どこでも自由に移動できるとは思っているけど、ぽんず空飛ばないし
深海ムリだし…。
「行けるとこまでしか行きたくない精神」
「宇宙行こうと思えば行けるかもしれない時代だけど、行くの大変そうだし、今のままで平和だし、別にいかなくてもいいや。」


自分が行けるとこすべてが「世界」だと思ってしまえば、「狭い」って概念自体が生まれないわけで。
世界が狭いのは、自分の境遇とは全くなんの関係もないわけで、自分は自分で考える「世界」になかをしみじみと自由に泳ぎまくればいいだけなのです。


そんなことを考えていたら、水族館の金魚たちに
かばんのひも(姉宅から無断でパチってきて、無断で使って、
黙ってひっそり返そうと思ってたもの)

を奪い?とられ結構あわてました。


うーん、魚類とココロとココロで通じ合うようになるには
どうしたらいいのでしょうか…。。。

悩みどころです。

(きっと)続く。






スポンサーサイト

テーマ:こんな所に。。。 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
水族館って大阪の??
こんばんはーi-179
紹介文書いてくれて本当に嬉しかったです☆ありがとー!!

おっ、水族館に行ったんだって?!
それはいいねえ!!
お魚さんの世界かあ~。私もぽんずみたいに深く物事を考えなくちゃ。

それでは、また更新するのを楽しみに待ってるねi-236
今日は、ここいらでi-265
2006/03/06(月) 22:15:03 | URL | あいちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/07(火) 22:58:30 | | #[ 編集]
コメント有難う。
いやいや、三重の水族館ー♪
すっごい楽しかった☆

あいちゃんもあたしの紹介文書いてくれてありがと♪
しかし…恥ずかしいよねあれ(笑)嬉しかったですけど(ニヤリ)

あいちゃんの日記も楽しみにしておりますゆえ(*^_^*)
2006/03/07(火) 23:05:50 | URL | ぽんず #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/84-fbf1c886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。