ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとの優しさに触れた日
今日、とても嬉しいことがありました。
こないだ無くして、とても困っていたものがぽんずの手に戻ってきたのです!

過去、なにか無くし物をしたことがあるひと、是非ぽんずの嬉しい気持ちを覗いてやってみてください。
無くしたものとは、USBフラッシュメモリという、ちっちゃいながらもどでかい記憶容量をもつ、愛しいヤツです。



実は、これは母の大学入学祝いめいたもので。
18年間、1回も引越しをせず人口2万人の田舎(なんと、ぽん's生家の桜の木はイノシシに折られたほどです。滝汗。)のなかでぬくぬく育ってきたぽんずにとって、その町を出ることは、すごくつらいことだったのかもしれません。(なんだこの言い方)
実際、京都の今通っている大学の合格が決まったとき、とても嬉しかったけど、それが、その町を出るってこととイコールじゃなかったという甘いぽんず。

…なんか話ズレたですね。
まぁ、あたしの故郷については帰省時にでも書くとして。


USBのなかには、色んな思い出と記録が詰まっています。
高校卒業するときに感極まって書いた、ハンドベル部で過ごした6年間を綴った手紙。
イラク戦争の兵士の写真集を読んだときの感想。
ベトナムに行ったときのどたばた冒険記。
緊急援助について、ガーナ共和国大使として一生懸命考えた政策。
かくれんぼ選手権してたときの、涙の理由。

いつか、気持ちの整理がついたらココにアップしよーかしら☆
(^_^)

あとは、書きかけのレポートとかレポートとかレポート。


そう、ぽんずが書きたかったのは、このUSBを無くして、それが知らないひとによって、学生課に届けられてたこと。
最近ぽんずはマンションのエントランスで誰のものかわからない定期いれを見つけて、とりあえず保護って、マンションの掲示板に張り紙「こーゆう定期いれ保護ってます。○号室 ぽんず」ていうのをしたら、何日か経って、持ち主さんがぽん'sルームを訪ねてきました。
すげぇ感謝されました。

そんなことをしていたら、仲良しのみかんちゃんは、ケータイを無くしてたけど、誰かしらないひとによって届けられてたらしいし、ぽんとに人間って優しいなーと思いました。
今回、ぽんずは落し物を届けてもらう立場になりましたが、見つけて学生課に届けてくださった方に、とても感謝しています。


やっぱ、優しい気持ちはめぐるんだなぁと思った出来事でした。


スポンサーサイト

テーマ:いま思うこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ほんとよかったね。一安心。
2005/12/01(木) 21:35:00 | URL | ユウガオ #Keql1Gmw[ 編集]
コメントありがとぅございますー♪
しかもユウガオ先輩のぶろぐにリンクまで貼らせていただいたのを発見して、ぽんずうきうきですー○
2005/12/02(金) 00:07:58 | URL | ぽんず #-[ 編集]
勝手に貼っちゃいました。
断られなくて良かったです。
2005/12/02(金) 00:28:41 | URL | ユウガオ #Keql1Gmw[ 編集]
見つかってよかったねー♪
今度からデータは全てPC本体の方にも保存しておくと良いよ☆
2005/12/02(金) 12:41:22 | URL | いわもっち #-[ 編集]
いい話♪
ぽんずのUSBにはいろんな思いが詰まって、本当に大切なものなんだね。
私のはまだあんまし入ってないけど、失くしたらやっぱショックだゎ(^^;

今度は失くさないように気をつけてね♪

人の優しさっていいなぁ。。と、私も思いました。
私も前に電車に携帯を忘れたら、わざわざ私が降りた駅に届けてくれた高校生がいて、本当に助かったよ(*^^*)
んま、リリーちゃんはまだこれといって優しいようなことはしてませんが、、、(苦笑)
2005/12/02(金) 14:48:18 | URL | Lily #03RJxdeI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/02(金) 19:21:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/6-44f0e3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。