ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴンクエスト〜感情コントロールができない上司とのバトル〜
今更ながら、かつての大ベストセラー「幸せの作法 働く女性に贈る61のヒント」 板東眞理子先生著を読んでいます。「激怒の嵐は受け流す」の章を読んでいて、とても感銘を受けたので、この章だけドラクエ風に表現してみました。



げきどするタイプのじょうしが あらわれた
じょうしは、かんじょうのおもむくままに ぼうげんをはいた
ゆうしゃに999のダメージ!
ゆうしゃは「わかりました」をとなえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは「おっしゃるとおりです」を となえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは 「じゅうぶんにきをつけます」をとなえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは「それは きづきませんでした。ごちゅういいただき ありがとうございます」をとなえた!
じょうしは、ぼうげんをはこうとしたが、MPがたりない!



攻略法
「わかりました」「仰るとおりです」「十分に気をつけます」などの技を要所要所で使いながら、
上司のMP、もとい燃料が尽きるのを待つパターンが良いようです。ちなみに、上司のMPがまだ残っている状態で反撃(反論)すると、カウンターでゆうしゃに9999のダメージ。戦闘不能に陥りゲームオーバーです。




ここからは私の黒歴史になるので、メタルスライムをお探しの方はどうぞクローズしてください。
ホイミ。(気休めでしかない)
私の黒歴史、それは2012年、大阪の通販会社のライターとして勤務していた時のことです。
仕事内容としては割と満足していたのですが、とにかく瞬間湯沸かし型・とにかく一度キレたらフロア中響き渡る大声で怒鳴りつける女性係長と、どうしてもソリが合わなく、体調を崩して退職したことがあります。



とにかく感情のコントロールができないのかしないのか、取引先の会社の人がいてもお構いなしに感情を爆発させるタイプの人でした。「あんたなんか居ても迷惑。あんたを指導している先輩の時間がもったいない。今すぐ荷物をまとめて出て行け」と朝礼で言われたことは、一生忘れられない思い出です。
(係長は多分私にこう言ったことなんて忘れているんだろうな。私だけじゃなくて、毎日毎日誰かに対してこういうことを言っていたので。)
当時の私は純粋だったので、係長の言葉を真正面から受け止めて、深く深く傷ついて、自分の意思で退職することを決めました。自分のことを弱かったなとは思うけど、後悔はしていません。



まあ、本書を読んだので、また次の会社で感情を爆発させるタイプの上司に遭遇したときには、「わかりました」「仰るとおりです」「十分に気をつけます」などの技を要所要所で使いながら、とにかく嵐が過ぎ去るのを頭を低くして待とうと思います。



係長のことはトラウマにはなってるけど、自身については不幸だとは思いません。
3年たった今なら、黒歴史だよってブログに書けるほどには自分の中で昇華しました。
係長に会うまでは、「特にこういう社会人になりたい」っていう明確なビジョンがないまま仕事をしていたけど、今では「将来、あの係長みたいな上司には絶対ならない」って思えます。(いわゆる反面教師。)
係長のおかげです。係長と出会えたことに感謝。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/211-6bf4c15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。