ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「生きる」。
いじめられた経験があるということは、秘密でした。言ったら負け、みたいに思ってたし、負けるのが怖かった。でも、今は、あのころの自分に「よく耐えたね。あなたのおかげで今のあたしがいるよ」って伝えたい。





生きる、って、人生に沢山起こる「つらいこと」に、慣れていくことじゃない。
つらいことが沢山あっても、立ち上がり方を覚えていくことなんだよ、って。






今、あたしは、苦しいことに直面してる人、悲しいことがある人、に、生きてほしい。
自分を大切にして、自分のことを、守ってほしい。
人の痛みがわかる、そんなあなただからこそ、生きてほしい。





あなたが元気になって、心から笑えるようになったとき、そばに苦しんでいる人、悲しんでいる人がいたら、そっと抱きしめてあげてください。
あなたが、笑顔でいられますように。




「生きる わたしたちの願い~第2章~」谷川俊太郎 with Friends参照。





最近、谷川俊太郎先生がブームです。
わたし、まだ、先生の本読んで泣ける感性が残ってたんだなって思ったから、
明日もまた頑張ろうって思えたんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/02(水) 22:48:43 | | #[ 編集]
谷川先生の「生きる」に出会ったのは高校生の時。
先生はなんでこんなに繊細な人の心を再現し、勇気づけられるんだろう。うちも先生のファンです。
いま、傍らには先生の詩集があるけれど、人間としての強さをもらえるような気がします。
2009/09/05(土) 10:41:30 | URL | をまつ #448uUUYs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/174-783f655a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。