ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラと、天国をみたこと。
模擬国連サークルの関西大会も終わり、
事務局員としての仕事も引き継ぎの時期にさしかかる9月。
同じツアー参加者60人と、モンゴルで、シルクロードの周辺を遊びほうけていました。
この60人は、4つの班に分かれてはいたけど、
20日間の旅の途中、常に一緒に過ごしました。

このまま遊牧民になろうと思ったけど、そういえばあたしは日本の大学生で、そういえば授業なんてものがあったわね、と思い出して、
昨日の朝、日本に帰ってきました。

…無事です。(途中いろいろあったけど)今は
周囲に迷惑なんじゃないかと思うほど元気です。
ナチュラルハイ☆

>ハジメ
10月31日生まれの運命のひとは、頑張ってあたしが探してみせるの
でもあたしみたいな性格のひとだったら嫌だなー。(同族嫌悪? 笑)
でもきっと会いたいんだろーなー。。。

>Lily
わたし、お勉強は大嫌いだよ?
只、知りたいことや不思議なもの・ことは大好き。
子どもらしさに基く好奇心のままに行動してるだけ。

伝える、ってむつかしいよね。
多分わたしがどんなに長々と記事を書いても、
きっとあんまりうまく伝わらない。
むつかしいことも複雑なこともわからないし、書きたいことしか
書けない。
でもね、ブログだけじゃなくて、会って顔みて話したら、
あたしが感じたこと、Lilyに少しでも上手に伝えられるかもしれない、って思ったら、会いたくなっちゃったよ(笑)
冬、温泉につかりにモンゴルの写真もって山口におしかけるかも


>きょん
リンク有難う☆
あたしもあとでリンクつなげておきますね(*^_^*)
きょんもおかえりー
モンゴルは土と草と馬と空と地平線があったよ。
地平線って、目に見えてる程度で大体40㌔くらいらしいよ。
遥か。

やっぱ旅っていいよねぇ





ソラのことを書こうと思います。
「モンゴルどうだった??」とうきうきしながら聞いてくれるひとが居ました。
沢山たくさん書きたいことはあるけど、もうここではソラのことしか書きません。(どーん)
直接つかまえて聞いてあげてくれると、嬉しくてウイグル民族の伝統的舞踊を披露しちゃうかもしれません。

でもあの踊り、あたしが踊ると謎なアヒルにしか見えないんだけど!!!(笑)
謎のアヒル踊ってる場合じゃないよ。

ソラのことを書きます。
ソラは、綺麗な空(ソラ)色のアクセサリー付きの轡(くつわ)を身につけた、綺麗な馬です。
モンゴルで飼われている家畜には名前がない(犬はイヌ、馬はウマ、只それだけ)ので、あたしが勝手につけた名前だけど、でもソラはソラです(断言)


☆ぽん's乗馬レッスン1日目☆
まずは馬選びからスタート。
あたしは馬のことなんかサッパリ知識もなく、よくわからないまま
モンゴル民族のひとが選んでくれました。
それがソラです。
ちなみに、選抜方法は「パッと見」だそうです。
なんか、あたしの顔がソラ向きだと思ったそうです。
はぁそうですか、としか言い様がありません(笑)



乗馬のスピードには、並足、早足、駆け足と3段階の速さがあるのですが、この日は初日だし、並足をマスターすることが目的だったのですが。
ソラ君おかまいなし。(どーん)
あたしの出す並足の指示は全く無視。
勝手に早足でピンクさんのお尻追い掛け回してるし、
よくよく考えればソラもピンクさんもオス(♂)なのに!
早足、って、並足と駆け足の中間のスピードなんだけど、
意外と、最も動きが激しい速さなんです。
騎手の身体への負担も大きいし。
結局、この日は並足だけでなくかなり早足で草原を駆け回ってしまったソラ君と、ソラ君に振り回されてしまったあたし。



ソラ君、この日は、変態的な暴れ馬でした。
基本的にはピンクさんという仲良しの馬と片時も離れようとしません。
そのわりに走りたがりなので、たまに何の前触れも予告もなく駆け足になってあたしを振り落とそうとします。
(実際、あたしは両足があぶみから外れたとき、「あ、私落馬するんだ…」って思いました
自分が勝手に暴走して先頭集団に食い込むくせに、ふと我にかえってまわりを見渡すと、愛しのピンクさんと離れちゃってて(自分から勝手に暴走したくせに!)
またまた大暴走



この日は、慣れない乗馬と慣れない場所の筋肉を使ったことと、
高山病が徒党を組んであたしの身体に襲い掛かり、
ゲルに戻った後、意識不明になること小一時間。
意識無くなったのは人生で初めてのことだったので、
もう明日は絶対ソラには乗らないって思いました。
馬乗るよりゲルでごろごろしてたいな、って思いながら、
朦朧とする意識のなかで「もう私…無理だ…」って思ってました。




☆2日目☆
乗馬やだやだ、と思いつつ、結構まわりにリタイアする子もいて、
「まわりがリタイアしたなら、それならあたしはこれはここが頑張りどころだー!!」と一念発起。
ソラ君に乗ることを決意。
なんだか、折角モンゴル民族のかたが、あたしの顔みて選んでくれた子なのに、
ソラ君が大暴走するのは確実にあたしの乗馬スキル不足なんだしってことで。
要するに、運命共同体、ソラ君となら落馬しても構うものか精神大発揮。


でも、この日の午前中に見た景色は、本当に素晴らしかったのです。
遠くに雪のつもった雄大な天山山脈が見える以外は、地平線まで広がる草原。
お天気もよくて。
太陽、きらきらしてて。
川、さらさらしてて
(川を、ソラに乗って渡ったとき、ロードオブザリングぽかったよ(笑)
それに加えて、たんぽぽの綿毛と、そこらじゅうにいるひつじの毛が
ふわーって。
なんだか、ほんとに、天使の羽根みたいに見えたの。
あたしは、今まで19年間生きてきて
すごく善いこともすごく悪いこともしなくて、
(どうでも)よいことや、あまり「良い」とは言えないようなことばかりしてきた子だから、きっと、天国には行けないけど、
でも、きっと天国ってこんなんだろうな。
優しいひとが死んだら、きっと、こういうところに逝っててほしい、って思うような景色でした。



ひどかったのはその帰り。
地元でも有名らしい景勝地にピクニックに行ってきて、
その帰り道。
年間降水量16ミリの土地に、凄く冷たい雹(ひょう)が降るなんて。

ちなみにその日のあたしの服装は、
半そでの綿シャツにポリエステルのパーカ。以上。

寒いサムイ寒いさむい寒い!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/


続々とリタイア者が出るなか、ガイド(っていうかこのツアーの社長らしい)の言葉がまずありえない。
「雨が降っても、ヤリが降っても、青春の1ページ刻みたいひとだけついてきなさい!!」
※ ↑限りなくその時の発言のままです。

さて。
あたしはヤリでも降ってくる前に暖かいジープで帰りましょうかね、
と思っていたその時。
19さいで同い年のA乃の言う事には。
「え、ぽんず大丈夫??顔色わるいし、昨日も体調崩してたし、
やはくジープでゲルに戻りなよー

同い年で、ぽんず以上に薄着のA乃に負けたくないっ!!

はい、出ましたあたしの隠れ特技「隠れ意地はり子」
(だって隠れんジャ-だし (笑)
要するに、はらなくてもいい意地を張りたがるのです。
特に、普段あたしは日本で体力には自身あるほうで、
体調心配される事が無くて。
(模擬国の皆さんはご存知ですよね?

もうどんどん雹降ってきて、
すごく寒くて、
ソラや、他の馬も、目に雹が入るからどんどんご機嫌ななめになって、
ゲルまで約3時間。
大声で歌いまくる、というよりは皆変なテンションになって、
皆で
「LOVEマスゥイーン!!!」
等など、暑苦しい曲歌いまくり。
冷たい雹降ってるのに。


結局。
この日は、朝一緒に乗馬しながらピクニックに行った50人程度中、
ゲルまで馬に乗って帰ってきた大バカ者
夢見る青春野郎は、20名未満です。
A乃とあたしを含んでいます。

きっとこの夜、温度計でなく体温計がゲルにあったならば、
あたしは大学入って初めての高熱を記録していたことでしょう。
チーン。





☆3日目☆
この日は、ラスト乗馬の日。
ともに雹が降るなか一緒に走った思い出の成果か、だんだん
ソラが指示をのみこんでくれるようになりました
あたしも並足、早足にはかなり慣れてきて、
「駆け足はまぁ無理だろうけど、でもソラとのんびり散歩できてよかった☆」
と思っていました。
でも、目的地が近づいてくるにつれ、ソラのリズムが段々安定したリズムで速くなってきて、
駆け足
初めて、あたしの指示どおりのタイミングで駆け足してくれたんです!!
凄い、感動しました。
あたしはこのとき、本当に、自分を納得させる為の強がりじゃなくて、
心から「ソラ、大好き」って思いました。

帰り道、あたしとソラは本当に人馬一体、という言葉が
ぴったりくる感じ、で
あたしとソラは、完全に同じリズムで地平線を駆け抜けました。

勿論、ソラのスタミナのことも、騎手であるあたしは考えなくてはならないので、ソラがいくら駆け足したがったとしても、
あたしは道のコンディションなどをみて並足や早足にさせるのですが、

いくら他の馬が駆け足していても、ソラはあたしの命令に
忠実に従って並足してくれました。
皆が並足のときに駆け足の指示を出して、
あたしとソラは常に先頭集団に居ました。
ゲルに戻ったとき、
馬変えなくて、諦めなくて、良かった、って思いました。
ずっと、ソラと草原を駆けた思い出は忘れません。

身体、しんどいときも沢山あったけど、あの地平線と草原に行く体力と時間とお金がまたあたしに再び作れる自信もないけど、でも、ずっとずっと、ソラが好きです。
モンゴルもシルクロードも、ツアー参加者60人も、すっごく可愛いウイグル民族のこどもも、チベット民族のおっちゃんも、カザフ族のおにいちゃん(ずごい恰好良かった
…地平線は楽しかったです。
死ぬほど笑ったりばかみたいなことばっかりしてたけど、10代最後の記念に、地平線に向かって
「絶好調ピーターパンシンドロームっ!!」
て叫べて気持ちよかったです(ばかだー!!(笑)


そういうわけで、あたしは元気です。
心配してくれたひと、有難う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
元気そうで何より。。。
そして本当に無事でよかった(>_<)

そしてソラとかっきーの心の触れ合い?に私は感動したぞ。
本で一度、馬は馬を操る人間が自分を操縦するだけの器があるのかがわかるって書いてあった。

ソラちゃんにかっきーの良さが伝わったんだね(>_<)
11月2日くらいから京都に電撃訪問してかっきーん家にしばら(3日ほど)滞在するからその時に話聞かしてや。取り合えずゆっくりお休み。

2006/09/28(木) 22:23:55 | URL | かんばりんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bpf0095.blog38.fc2.com/tb.php/116-a7e507c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。