ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成功すればHero,失敗してもChallenger、それ以外にはなりたくない
お誕生日のお祝いをしてくださった家族及びお友達のみなさん、ありがとう!
みんなのおかげで、28才のスタートを、幸せな気持ちで迎えることが出来ました。



去年の10月とはまた違ったステージにいる自分にびっくりします。
兵庫から東京へ。
クーポン誌のデザイナーから専業主婦へ。
そして、妊婦からお母さんへ。
ずいぶん遠いところまで来たなって感じです。
場所だけじゃなくて、人生のうちの遠いところ。



特に専業主婦で子ども育ててるなんて、5年前の自分が知ったら、「私そういうキャラじゃない」って断罪しそう。笑



ぽん’sルームの、2009年の記事に、「一生楽しいことにわくわくしてたい。たいくつで楽しくないことなんて世界一嫌い」っていう一言がありましたが、ハッとさせられました。



なんていうか、守りに入っていたなと。子どもと家庭を守らなきゃいけない立場に安んじてました。
でも違うよね。守らなければいけないとこは守って、攻めるとこでは攻めて行きたい。
5年前の自分が出来なかったことをできるようになるために、年齢を重ねてきたではないか。



28才として、挑戦していくべきことごと。
主婦としてのスキル(掃除ちゃんとするとか、料理のレパートリー増やすとか、化粧を10分以内で完成させるとか。)を高める。あと、在宅で、ときどき美容系サイトの広告ライターをしているのですが、それも品質とスピードの向上に努める。あとは、たくさんの広告賞に挑戦する。




そしてそして、一番だいじなことが、イライラしている自分を子どもに悟らせない。子どもにいつも笑顔で対応する。これが家事よりも在宅ワークよりも広告賞よりも一番大事。この優先順位をすごく忘れがちなんだけど、ここを忘れないようにしたいと思います。



挑戦者であることは、悔しい思いをすることとほぼイコールだと思います。めっちゃ悔しがれるということは、めっちゃ努力するということ。『あの時悔しくて良かったって、いつか笑って言いたい。』(漫画「ちはやふる」より)そのくらいアグレッシブな気持ちで攻めていこうと思います。




「成功すればHero,失敗してもChallenger」という言葉は、電通の東畑幸多さんの言葉です。成功すればHero,失敗してもChallenger、でも、なにもしなかったら何にもなれない。




みんな、ありがとうとよろしく。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。