ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年前に無くした、「優しさ」を取り戻す旅へ

「地平線の見える大草原で、未成年の主張を叫びたいっ!」
という野望を抱いてバインブルグ草原へ飛び出した、19歳の夏休み。


あれから、2年が経ちました。


未成年ではなくなった今のあたしは、
大事なお友達たちが増えて、以前から親しかった人とはもっともっと仲良くなれて、
ゼミがもっともっと楽しくなって
変な恋人がいて、
製菓衛生師の免許を持っていて、
不思議と来年は社会人になることが確定して、
自分の行きたいところに行くための時間・お金・学校の単位及び卒論の準備(これは自分のため、というよりは周囲に要らぬ心配をかけさせないようにするための部分が大きい…)を集めました。



そうした今、再びモンゴル乗馬キャラバンに参加することになりました。2年前にもお世話になった、奔流中国です。




このことを話すと、大抵のひとはびっくりします。
「また!?」 
「中国史とか、あのあたりの世界史苦手って言ってなかったっけ!?」
「21の若い娘さんがよぅ好き好んで、馬くさくなりに出かけるのう」



21の若いおなごらしくなくて申し訳ございません…!!笑




でも、実は、2年前大草原に置いてきたもの、自分が強くあろうとして、草原で切り捨てた気持ちをほったらかしにしているので、その忘れ物をとりにいくのです。
サハラ砂漠で無くした指輪は、もう本当に物質的なものだから探せないけど、
バインブルグ大草原で無くした気持ちは、多分わたしが取り戻そうと思えば未だそこにあるものだと思うのです。


+



2年前の話をします。
2年前のあたしの精神的な内面は、今のあたしからは想像も出来ないくらい、強がりのええかっこしいでした。
人からの評価を気にして(勿論当時もぜんっぜん気にしてないフリを決め込んでたけど)、
自分が誰からどう言われてるか、評価されてるかが気になって仕方なかったです。



[2年前に無くした、「優しさ」を取り戻す旅へ]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:気象 天気 台風 ドリアン - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。