ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「素敵」探しの旅へ出よう。
皆様ご機嫌よう。ぽんずです。



就職活動終わって、
(相も変わらず、くまとチョコとお菓子全般を愛してます)
京都府の製菓衛生師試験にも無事合格し、
(免許申請しなきゃ…)
北極圏から無事帰国して、
(あー、でも、また旅に出たい…)
プロジェクト科目の「新・京都みやげの創造」の発表も終わり、
(Cティームの皆、本当にお疲れさまー☆☆)
卒論の概要と章立ても、提出締め切り日の10日ほど前に提出したので、
(まだまだ政策立案の具体的部分・政策実施・政策評価の部分つめなきゃ卒論にはならないけど)




残り少ない大学生活、なにかしなきゃ、社会人の訓練しなきゃ、教養を深めなきゃ、ってコトで、日常のなかの「素敵」を探して、あわよくばそれを自分のものにしたいと思います。



具体的には、本を読みます。映画観ます。人と話します。
そして、今までみたいにただ読む・観る・話す、で、自己完結するだけじゃなくて、
大学生のあたしなりに、感想や考察、心に残った言葉をこのブログに留めておこうと思います。
そして、その「素敵」の意味を、きちんと自分なりに消化して自分のものにしたいのです。





「心に残る名言集」などの本は市場に出回っていますが、あたしは、名言じゃなくてもいいから、あたしの心に残る言葉を求めてるのです。


いくら綺麗な言葉や名言であっても、その言葉の意味を自分でしみじみと味わえるような経験や、自分でその言葉を体感できるような出来事が起こらなければ、それはいつまでたっても私にとってただの単語にすぎなくて。


あたし自身が体感しつくした思いを表現した言葉でないと、もう…上っ面滑ってくだけで、心のなかに残らない。と、考えているのです。






目標は100つ以上の作品に触れて、その中にある、私自身と共鳴している「素敵」を見つけること。
物語の中の雰囲気、心に残った言葉、それに由来する感想、考察、今後人生を生きていくために必要なこと、いろんな「素敵」を探して、身につけたいと思います。


また、新しい作品に手をつけながら、1度読んだことのある本もこの際振り返ろうと思います。今まで読んできた本がそうであったように、中学生のとき読んだ本でも、大学生になってから見返すと、全然違う印象を受けることが多々あります。絵本とかは特にそうで。





今まで、あたしの視野は常に、「旅=海外」でした。なんて狭くて限定的。
なぜって、海外旅行のなかにある「素敵」は、お値段が張るかわりに、見て聴いて触れて食べて感じることができて、一等見つけやすくわかりやすかったからです。



「素敵」は、絵文字のように、ココロ揺れる、キラキラする。
だから、素敵を探す旅なら、どこにいてもここにいても、出来る。
そう考えることができるようになったのはごくごく最近のこと。
だからこれから海外旅行に行かない、ってわけじゃなくて、
どこにも、ここにもある「素敵」を見つける日常の日々=旅なの。
だから、「素敵」を探す旅。




カテゴリは、一応「ぽん’sぷち読書感想文」ってコトで、3日坊主にならないように、誰のためでもなく自分のために、日々の「素敵」を探していこうと思います。


スポンサーサイト

テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム

サンタさんを探しに北極圏へ行ってみた。
まだ若者だった頃の、サンタクロースのお話をご存知ですか??



スオミの国に、ヨウルプッキという若者がおりました。
しかし戦争が始まり、彼は戦争に行ってしまいました。

戦争中、スオミの国では食料が足りませんでしたが、大人は子どもへ、子どもはより幼い子へと食べ物を渡していきました。

そして、戦争に負けて、ヨウルプッキがようやく帰国したときに見たのは、子ども達の綺麗な死に顔でした。

このことを憂いたヨウルプッキは、救えなかった自国の子ども達のかわりに、
世界中の未来の子ども達に夢を与えたいと思って、
沢山の夢とプレゼントを配る、サンタクロースになったのです…





※ちなみに、「スオミ」はフィンランド語で、「森と湖の国=フィンランド」つまり母国のことを指します。同様に、「ヨウルプッキ」はサンタクロースを示すフィン語です。







このお話は、中貫えり先生が描いてらっしゃる「はらったま きよったま」というまんがを基にしたフィクションです。
(ちなみに、常に元気いっぱいな霊感少女の麦ちゃんが幽体離脱して、サンタクロースの若かりし頃の記憶にリンクするといった様な内容だったと記憶してます。)


中学生の時に初めて読んで以来、この物語はずっとあたしの心のどこかに住んでいました。
だから私が、スオミの国に彼を探しに出かけたのは、運命でなく必然だったのかもしれません。
フィンランド航空

フィンランド航空はムーミンデザインで大変かわいらしいです



「サンタさんを探しに北極圏へ行ってみた。」




[サンタさんを探しに北極圏へ行ってみた。]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。