ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地上152.9cmの世界
ほんとに、コメレスが遅くて…(以下略)
ごめん

>うっちー
デトックスね、痛いけどやっぱ良いよー。気持ちい。
あのね、人間てやっぱ二足歩行とかっていうへんなかたちに進化しちゃったからよくないんだよ
肩や首や腰に負担の大きいスタイルらしいよ。二足歩行。今さら二足歩行止めるわけにいかないから頑張るけどさ(笑)マッサージは痛ければ効く気がするよね☆
てゆかうっちー自身、結婚してもママになってもおかしくない歳なんだって。あたしも同い年やけど(笑)
ヤンキーなのに実は良い人、って、私それすごいツボなのーーー!
o(>▽<)o
素敵なヤンキーとお友達になりたいー


>みかん
だいぶワニネタにしてごめんね


>はなちゃん
や、もぉ普通にふっとりとしたあたしに戻りました(泣)
はなちゃんは大人っぽいのに。既に今みたくてきぱきな大人みたいな高校生だったの??
はなちゃんの高校の卒アルと、振り袖写真見たいーっ
私は実は髪、黒いままだよー。ミルクショコラ色、憧れてたけどよく考えたら就活まであと1年しかないし、すぐ黒染めしてってゆーのも髪痛みそうだからやめたの。もぉこーなったらさっさと就活を終わらせて即やんきー(髪そめる)コースしかないね!(笑)


>むっく
パパってどうよ??なんかもぅどー頑張っても手の届かないところに行っちゃった感じ。
私、たまに甘いあまい不倫詳説とか読むけど、あれは物語だからうつくしいのであって、現実は全然幸せじゃいられないよね、とか思う。江國香織先生のスイートリトルライズみたいに皆穏やかにいかないよ。昔不倫な恋に憧れてたけど、今は普通に穏やかで皆一緒に愉しく居れたらいいな、と思う。もぉ博打な恋とかどうしようもない恋とか、ちょっとでも自分を可哀想に思う恋なんて、もぅ絶対しないと誓ったのー。成人だし☆


>リリー
動物園楽しかったね!!
久しぶりに会えて話せて楽しかったよ♪
リリーは良いお母さんになってね☆自分のこと大事に思ってくれるひとを大事にしてね。
それにしてもスワンボートが頭から離れないよ!(笑)今度はスカートじゃなくデニムパンツで行くからよろしく!(笑)









あたしの世界は、地上約152.9cmの視点で成立しています。

(より詳細に表現するならば152.9cm-あたまの先っちょから瞳の距離、なのですけども。2005年度うちの大学の身体計測調査による。)
現在地球上に存在する哺乳類としては、わりと大っきいほうなんじゃないかと自負していますが、ヒト科ヒト族ヒトというカテゴリに分類された場合、「どちび」「ちびくそ」という、あんまり有難くない評価をいただいてしまうことも少なくありません。
が、罵りたいなら蔑みたいならどうぞご勝手になさいませ。あたしはちいさい身体しか持っていませんが、その分罵倒された時の態度は巨大ですので。
まぁそんなことは置いといて、この地上152.9cmの世界は、ささやかだけど面白いもの素敵なもの、へんなものや愛らしいものを脳内で捕らえて離さないんです。







【コンピューターネットワークに関する衝撃的な味のガム】
地上152.9cmの世界では、生協で\53の、あまりに衝撃的なフレーバーのガムにも気を配ります。
P1000085.jpg

ちゃんと写真見えるかなぁ??
なんと「サイバーパンチ味」日本語にするならば電脳的な穴あけ機の味、とか、コンピューターネットワークに関する衝撃的な味とかになるかもしれません。
関西模擬国連 京都研究会の2006年度後期議題とは全く関係ないと思いますが、どうでしょうあずみゃっくす。(名古屋弁で語りかけるとこうなるの?
しかも、パッケージに、ジャイアンが満面の笑みを湛えているあたりが、パンチな感じにより一層の真実味を与えています。
逃げろのび太。

c.f. 世界に誇るべき日本の伝統文化が生み出した素敵思想ザ・ジャイアニズム。
→「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」
ちなみに私はこの素敵思想に大いなる憧れをひっそりと抱いているけれど、気が弱くてとてもとても実行にうつすことなど出来ない内気で奥ゆかしいしずかちゃんタイプなので、周囲の皆様ぜひご安心下さいませ!
ちなみにこのガムの味はというと、人工的な着色料と合成甘味料の味そのものでした。ああ、これが科学の力、サイバーパンチっていうことね。と、噛んだ瞬間納得しました。







[地上152.9cmの世界]の続きを読む
スポンサーサイト
「好きだった人」が「パパ」になったら
えとですね、不穏な噂を聞きました。当時小学生だったあたしが人生で初めて真剣に好きになったひと、が、今や一児の父であるかも、しれない、かも。です。

べつに彼女がいよーが結婚してよーが別にかまわない、っていうか別に今そのひとに恋をしている訳では全然ないし。そもそも中2の時点で彼女が居たのは知ってるし。
でもでも、やっぱ「パパ」ってね。響きがね…。
あのね、「○○さんの彼氏」「○○さんのご主人」ここまでは全っ然平気。
ただ、「△△くんのパパ」。…もうね、響きがね。
この響きの「いきなりぶっとび感」というのはオトメゴコロに筆舌に尽くし難いものなのです(笑)


…成人式で噂の真偽を確かめてみて、ほんとだったら、あたし、髪をミルクチョコ系の茶色に染めて、やんきーになっちゃいます密かにずっと憧れのやんきー。
京都の皆様、あたしの帰京後の髪色にご注目くださいませ!(爆笑)


>ゆいぽん
「あたしのお母さんの高2の時のその彼氏の、そのいとこの、親友のその叔父の3番目の孫」
…自分で思いつくままゆっといてなんだけど、図解できません
やーでも、これ、母の元彼氏とかが出演してくるあたり、
ほぼ他人じゃん?


     


[「好きだった人」が「パパ」になったら]の続きを読む

テーマ:ミニチュアピンシャー - ジャンル:モブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。