ぽん'sルーム
わりと大はしゃぎ系ぽんずと、ぽん's愉快で愛しい仲間たちとの素敵な日常をぽちぽつぽちぽつ語った日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラゴンクエスト〜感情コントロールができない上司とのバトル〜
今更ながら、かつての大ベストセラー「幸せの作法 働く女性に贈る61のヒント」 板東眞理子先生著を読んでいます。「激怒の嵐は受け流す」の章を読んでいて、とても感銘を受けたので、この章だけドラクエ風に表現してみました。



げきどするタイプのじょうしが あらわれた
じょうしは、かんじょうのおもむくままに ぼうげんをはいた
ゆうしゃに999のダメージ!
ゆうしゃは「わかりました」をとなえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは「おっしゃるとおりです」を となえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは 「じゅうぶんにきをつけます」をとなえた!
じょうしは ぼうげんをはきつづけている!
ゆうしゃは「それは きづきませんでした。ごちゅういいただき ありがとうございます」をとなえた!
じょうしは、ぼうげんをはこうとしたが、MPがたりない!



攻略法
「わかりました」「仰るとおりです」「十分に気をつけます」などの技を要所要所で使いながら、
上司のMP、もとい燃料が尽きるのを待つパターンが良いようです。ちなみに、上司のMPがまだ残っている状態で反撃(反論)すると、カウンターでゆうしゃに9999のダメージ。戦闘不能に陥りゲームオーバーです。




ここからは私の黒歴史になるので、メタルスライムをお探しの方はどうぞクローズしてください。
ホイミ。(気休めでしかない)
[ドラゴンクエスト〜感情コントロールができない上司とのバトル〜]の続きを読む
スポンサーサイト
実はそんなにポジティブじゃないんだよーん
実はぽんずはそんなにポジティブじゃないんだよーん。(この語尾のおかげでそうは思われないんだけどね!)って言いたい。



何を隠そう、ぽんずはそんなにポジティブな人間ではないのです。
ネガティブな状態をポジティブに捉えるのは得意。
でも
ポジティブな状態を、素直にポジティブに捉えるのは、実は苦手。



確かに、ネガティブな状態をポジティブに捉えるのは得意なんです。
具体例:
行きたいと思っていたお店に行ったら定休日だった
→じゃあ別のお店を開拓するチャンスだね!

欲しいと思っていたものが売り切れていた
→もっといいものが、あたしのためだけに、どこかに残されているに違いない。
その時までお買い物の楽しみはほくほく取っておこう。

待機児童が多すぎて保育園に入れない
→集中的に専業主婦のスキルを磨くチャンス。&在宅ワークで、クラウドで仕事できるスキルを身につけるチャンス。

近隣に住むじじばばの助けがない状態での子育て
→パパとあたしとちびちゃんの家族の絆が深まるよね〜!




みたいなのは得意。ネガティブな事態をポジティブに捉えるのは得意。
でも、
ポジティブな事態を、素直にポジティブに捉えるのが苦手。




在宅ワークで恋愛コラムを書く仕事をしているのですが、サイト運営者さんに「面白かったよ」って言われても、「あーありがとうございます」って低いテンションでしか返せない。

姫路の会社のキャラクターになりきってFacebook更新してた時も、「投稿いっつも超おもしろいよね!」って言われても、「あーありがとうございます」っていう低いテンションでしか返せない。

あたしが考えたキャッチコピーが、宣伝会議賞の一次選考に通過しました。
でも、あたしの考えるベストコピーが通過したわけじゃないので(30本くらい応募して、そのうち1個が通過した)、どうせ賞なんか取れないよ、って低いテンションでしかいられない。




本当は、「やった!去年は一次選考すら一本も通らなかったのに、今年は通過した!本誌に名前掲載された!」って、去年からの成長のみを見て喜びたいのに。
自分の書いたもの「面白い」って言われたら、小躍りして喜びたいのに。



いったいぽんずは、いつの間に素直にポジティブになれなくなったんだろう?って思ったら、大阪の会社で働いていたときのトラウマに思い当たった。


ライターとして書いたものを、褒められて、結果それが先輩の名前で世に出る、(俗に言うゴーストライター)とか、
褒められて、たくさん書かされて、「もうこれ以上無理ですリスケしてください」って言っても減らしてもらえなくて、身体壊してパンクするまで仕事増やされて、できなくなって責任とれって言われる


いや、こう書いてみるとあたしの実力が足らないことにも原因はあるんだけど。


でも、やっぱり「皆あたしのことを褒めて、うまく使うだけ使って、身体壊したら即ポイするつもりなんでしょう?だったら最初から褒め言葉なんかいらない。褒めてくれる人のことなんて信じない。そのほうが傷つかないもん」
ってふてくされていたんです。


でも、もう止めよう。
過去とかトラウマとか、自分以外の何かのせいにするのはもうやめよう。
一次選考通過率1.53%の狭き門である宣伝会議賞に残れたこと、初めてだからもっと「やったー」って大きな声で言いたい。
自分の書いたもの「面白いね」って言われたら、小躍りして喜びたいの。
(ええ、華麗に小躍りするために、インドネシアの伝統舞踊ケチャを習得しました)


というわけで、今年の目標は、褒められたら素直に喜ぶ。褒められるような仕事をする。変に卑屈にならない。過去のせいにしない。自分の人生なんだから自分で責任をとる。


わたしには、未来のわたしを幸せにする責任がある。
成功すればHero,失敗してもChallenger、それ以外にはなりたくない
お誕生日のお祝いをしてくださった家族及びお友達のみなさん、ありがとう!
みんなのおかげで、28才のスタートを、幸せな気持ちで迎えることが出来ました。



去年の10月とはまた違ったステージにいる自分にびっくりします。
兵庫から東京へ。
クーポン誌のデザイナーから専業主婦へ。
そして、妊婦からお母さんへ。
ずいぶん遠いところまで来たなって感じです。
場所だけじゃなくて、人生のうちの遠いところ。



特に専業主婦で子ども育ててるなんて、5年前の自分が知ったら、「私そういうキャラじゃない」って断罪しそう。笑



ぽん’sルームの、2009年の記事に、「一生楽しいことにわくわくしてたい。たいくつで楽しくないことなんて世界一嫌い」っていう一言がありましたが、ハッとさせられました。



なんていうか、守りに入っていたなと。子どもと家庭を守らなきゃいけない立場に安んじてました。
でも違うよね。守らなければいけないとこは守って、攻めるとこでは攻めて行きたい。
5年前の自分が出来なかったことをできるようになるために、年齢を重ねてきたではないか。



28才として、挑戦していくべきことごと。
主婦としてのスキル(掃除ちゃんとするとか、料理のレパートリー増やすとか、化粧を10分以内で完成させるとか。)を高める。あと、在宅で、ときどき美容系サイトの広告ライターをしているのですが、それも品質とスピードの向上に努める。あとは、たくさんの広告賞に挑戦する。




そしてそして、一番だいじなことが、イライラしている自分を子どもに悟らせない。子どもにいつも笑顔で対応する。これが家事よりも在宅ワークよりも広告賞よりも一番大事。この優先順位をすごく忘れがちなんだけど、ここを忘れないようにしたいと思います。



挑戦者であることは、悔しい思いをすることとほぼイコールだと思います。めっちゃ悔しがれるということは、めっちゃ努力するということ。『あの時悔しくて良かったって、いつか笑って言いたい。』(漫画「ちはやふる」より)そのくらいアグレッシブな気持ちで攻めていこうと思います。




「成功すればHero,失敗してもChallenger」という言葉は、電通の東畑幸多さんの言葉です。成功すればHero,失敗してもChallenger、でも、なにもしなかったら何にもなれない。




みんな、ありがとうとよろしく。


こっそりと近況報告。
以前の更新から1年以上経っているし、もう誰もこのブログ読んでないよね?
キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
おそらーく、これ読んでくれてる人=かなり古くからのお友達限定ということで、近況報告をば。



えっと、去年リアル姥捨山(読み返して見るにつけ何書いてるんだ私)の記事を書いていたときは
仕事漬けの日々でした。
〜通勤時間片道2時間×残業がっつり×上司によるストレス×上司によるストレス(2回言った)〜
結果として、肌荒れ、生理ストップ、そして旦那の家出による家庭崩壊、そして流産というストレスフルコースを堪能したタイミングで仕事辞めました。




なんでここまでなるまで続けたんだろーって、辞めた直後はわかんなかった。
でも今思うと、ただのプライドと意地だったんだろうな。
自分でやるって決めたことを突き通せない自分が恥ずかしかったの。
自分の身体もココロもどれだけ悲鳴をあげてても、いつだって顔ではケロリとして仕事を続けてたい、あたしのちっぽけなちっぽけなプライドがそれを無視させたの。
流産までしないと気づけませんでした。「あー、健康って、大事」。
←普通の人にとっては多分常識




流産とそれに伴う手術したあと、仕事を辞めて1ヶ月ほど専業主婦してました。
1ヶ月で3キロ太りました。1年間専業主婦をすると3×12で36キロ太る計算です。
女子会などのシーンを想定してください。
「1ヶ月で3キロ太っちゃったよー★」は「えー全然わかんないよ」という女子特有の思いやり(のようなもの)でスルーできますが
「36キロ太っちゃったよてへぺろ★」はなんと声を掛けたらいいのかわかりません。
語尾のてへぺろがより一層むなしさを倍増させるだけです。

(世の中のスリムな専業主婦ってどうやって体重を維持してるんですか?誰か教えて下さい。)





これはやばいと思って近場でバイトを探して、2013年の5月からはクーポン誌の制作職に就きました。ここは超楽しかった★ずっとできるようになりたかったIllustratorとPhotoshopが使えるようになったことも嬉しかったけど、それ以上に直属の上司(女性)に萌え。

めっちゃ細くて美人なのに。
「先輩、三連休どこかお出かけされるんですか?」
「ううん、家にこもってネトゲ三昧★」
また別の日。
「先輩、普段どんな音楽とか聞くんですか??」
「基本アニソンしか聞かないから今流行りの音楽とかしらない」


めっちゃ細くて美人で優しい先輩なのに。
思わず太字にしてもうたわ。なんていうか、美人なのにまったくそれを意識してない感じ。生まれついての美人さんだからかな。自分の美しさにとんと無頓着ー!!
もうもう、あたしはこのギャップにヤられました。大好きです。先輩。



半年ほどして、クーポン誌の休刊と、妊娠と、旦那の転勤という3要素が重なり辞めました。
いいご縁に巡り会えたと思います。
退職日には編集部のみなさんからわんさかプレゼントを頂き、ほくほく気分の帰り道で妊娠8ヶ月の検診に行きました。
「あんた切迫早産だから自宅で絶対安静」。



ええー。
私の何がいけなかったの??
毎朝時間ギリまで寝てて、走って駅まで行ってたから?(アカン妊婦アワード日本代表)





結局、12月には出産予定の産婦人科のある旦那のご実家のある滋賀県に身を寄せていました。
いろいろなお友達から頂いた「なぜぽんずの実家のある岡山県で産まなかったの?」という
質問にお応えします。以下のやりとりをご覧ください。



わたし「ね、おかーさん。わたし来年の2月出産予定日なの。里帰り出産していい?」
母「わたし2月は仕事忙しいからムリ★」



はい終了ー。
うちの母ときたら、語尾に★つけやがったー!!(爆笑)




やばいやばいわたし野良妊婦!略してノラニン!とか思っていたら、お義母さんが「もしよかったらうちに来てー」と言ってくださり、あわや妊婦たらいまわしという事態は免れました。
いやー、実家に拒否られるとかまじ想定してなかった!笑



そんなわけで、旦那のいない旦那の実家のソファでだらだらしているだけ(私なりの精一杯の安静)という怠惰な日々。年末年始の大掃除も、おせちの準備も、何ひとつお手伝いしない長男の嫁−!!(アカン嫁アワード日本代表)



そのおかげで(いやもうほんとにお義母さんのおかげで)
2014年2月、ぶじ娘を出産し、3月から旦那の転勤先の東京に来て専業主婦をしています。
家の向かいが保育園なのに、0才児は91人待ちとか東京っておとろしい(;´゚д゚`)ガクガクプルプル



3歳児神話を信じてるわけじゃないけど、3才になったら保育園もぐっと入りやすくなるし、何より保育料も0歳児に比べたら半額以下で預かって貰えるんですね。それにしたって待機児童の数は異常やと思うけど。


いつまでとかはわからないけど、暫くは専業主婦をしようと思います。
仕事は好きだから、わたしの30代と40代は仕事に捧げようと思います。
(これ書いた翌日には娘を保育園に預けて働くとか言ってたらどうしよう)


正直揺れます。そんな日々。
関東にいらっしゃる方はぜひ遊んでください。携帯のメアドは2006年から変えてません。
リアル姥捨山
「小さなこどもたちや、老人たちは、敵に襲われやすい家の出入り口に集まり、敵がやってくると、率先して食べられてしまいます。
その間、若者たちは皆、安全な巣の奥の奥の方で、子作りにいそしみます。」




まじでー!?(;´゚д゚`)ガクガクプルプル






あたしは、日経新聞を読んで衝撃を受けました。
これが彼らの選択した「いのちの在り方」なんです。
いくら子作りに成功しても、子どもたちは率先して敵の多い家の出入り口に集まるのでしょう?
どれだけ子どもを産んでも、食べられて殺されてしまうのでしょう?
そして、それを全部知ってて、自ら出入り口に集まって、殺されるのを待つ老人たちの気持ちを思うと、
胸が締め付けられます。。。
老人たちは、殺されるのを待ちながら、こどもたちにどんな話をするのでしょう?







ちなみに、アブラムシの話です。
日本学術振興学会の研究員たちと東京大学のグループは、アブラムシの群れを調べ、敵に襲われやすい巣の出入り口近くは子どもと年寄りが集まり、働き盛りは安全な場所で繁殖に専念するという分業体制を突き止めたそうです。。。
「群れ全体を作るためには、一部の犠牲は避けられない」として、繁殖力を保つ戦略に進化したんですって。。。
(日経新聞 科学面より)





アブラムシ、血も涙もないね! 繁殖のためって、合理的といえば合理的かもしれないけど、
怖っ!!
あたし、生まれ変わっても、アブラムシとして生きていく自信ない!
人間で良かった!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。